京都市山科区安朱南屋敷町28-6 レーベン早川ビル3F

TEL 075-591-3050

TAKAUJI DENTAL OFFICE -For Beauty & Healthy-

京都市 山科区 山科駅 歯科 歯医者 夜間

Clinic Info

京都府京都市山科区安朱
南屋敷町28-6
レーベン早川ビル2・3F
TEL:075-591-3050

Mobile

携帯サイトはこちらから

search
Google


WWW を検索 takauji-dc.jp を検索

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、失った歯の代わりとなる人工の歯です。
人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に天然の歯とほとんど変わらない見た目の人工の歯を入れます。
見た目に優れているだけでなく、自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。

インプラント治療の流れ

検査と治療計画
インプラント検査に必要な審査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。
その後、治療計画を立てます。
フィクスチャー埋入の手術
歯の根に相当する部分にインプラントの部品(=フィクスチャー)を
顎の骨に埋入する手術を行ないます。
局所麻酔を用いて行ないますので、安心して手術を受けることができます。
治癒期間
この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間(6週~12週)を設けます。
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。
アバットメントの連結
人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。
人工歯の装着
インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型をとること)を行います。
その型に従い人工の歯を作製します。
その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。
メンテナンス
インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには
適切なホームケアと定期的なメンテナンスが不可欠です。
当院からの指導に従い正しい歯みがきを心がけてください。
また、半年に1度、定期検診を受けインプラントの状態をチェックしましょう。

治療例

上顎小臼歯部における抜歯即時埋入

患者様:60歳 女性
ご要望:歯のないところに早く歯を入れて欲しいとインプラント治療を希望される

※抜歯即時埋入とは?
通常、抜歯後3ヶ月程度の治癒期間を置いてインプラント治療に入りますが、抜歯と同時にインプラントを埋入することで大きく治療期間を短縮することができます。

治療前
治療前
治療中
治療中
治療後
治療後

咀嚼障害に対してインプラントを用いた例

患者様:60代 女性
何個もの入れ歯を作製しても、審美、発音および嘔吐反射などにより入れ歯を装着できなかった。そのため、食事に関しては、食べられる物のみを食べるという状態が続いていたが、最近、年齢的不安からしっかりした食事をしたいと考えられていた。

治療前 治療後
上顎
上顎:治療前
上顎
上顎:治療後
正面
正面:治療前
正面
正面:治療後
下顎
下顎:治療前
下顎
下顎:治療後

Q&A

Q. インプラント手術は痛いですか?
A. “手術”と聞くと痛いように思いますが、歯を抜く程度かそれ以下です。
症例によっては、術後腫れを伴うこともありますが痛みはありません。
痛みに弱い人は、麻酔専門医による静脈内鎮静法(まったく辛さを感じません)もできます。
Q. インプラントは誰でもできますか?
A. 基本的には誰にでもできます。ただし、全身疾患(コントロールできていない糖尿病、血液疾患など)をお持ちの患者様は、主治医との相談が必要になります。
喫煙者はリスクが高いといわれていますので、インプラント治療を機に禁煙すると一石二鳥かもしれません。
Q. インプラントは外から見てわからない?
A. 以前は、噛むことをメインに考えられていましたが、世界の流れとして審美インプラントという言葉が出ています。
審美的にも優れ、しかも噛むことができる。これが現在のインプラントです。
ですから外から見ても分からないようになりました。
Q. インプラントはどのくらいもちますか?
A. 10年で下の顎では約98%、上の顎では約96%の成功率といわれています。昔とは違い安心できる治療になっています。
ただし、一生ではありません。治療後のメンテナンスの度合いにより、数年で修正が必要になることもあることは理解しておく必要があると思います。